街角インタビューで塗装工場が出てきました

   2017/09/06

テレビでは頻繁に一般人を対象にした街角インタビューを行っていますが、テレビ受けやスポンサーの意向などを気にする必要がないので、好きなことを言いたい放題してくれます。
そのためお笑い芸人よりも個性が強い人も多くて、お茶の間を楽しませてくれます。
色んな人がいて、色んな考え方があるということを知る意味でも街角インタビューの番組は意義があり、巷の意見を聞くことができる良い機会だといえます。
一般人を対象にした番組は視聴率も良いため、これからもさらに増える可能性があります。

色々なお仕事の方が出演するので楽しみなコーナー

街角インタビューを行っている番組で、色々なお仕事をしている人が出演するコーナーがあります。
この前は、塗装工場が集まっている地域でインタビューが行われましたが、そこでは多くの職人さんが働いていて、かなり芸術的な人や個性的な人が集まっていることがわかりました。
塗装工場では塗装に関する仕事を行っている人が必然的に多くなるため、美的感覚に優れた人が多くなります。
仕事に強いこだわりを持つだけでなく、ファッション性にも強いこだわりを持っているので、職人さんとは思えないくらい斬新はユニフォームをつけた人もいました。
塗装工場では塗料の開発を行っているところもあり、そこでは緻密な色の混ぜ具合によって新しい色の開発を行っていました。
繊細な色を生み出すための試行錯誤をしている様子はまさに研究者と同じで、失敗してもコツコツとひたむきに開発を行うしかありません。
普段、あまり気に留めていない塗料が多くの人の努力で生み出されていることがわかりました。

音とか凄そうだけど芸術家みたいですね

塗装工場が立ち並ぶ一角で、居抜き物件を改装しているお店がありました。
土台や柱を取り壊すのではなく、塗装で店舗リニューアルをしている飲食店でしたが、間取りは変更するためかなり大きな音を出して、中の設備を取り外していました。
以前は金物屋だったため外壁は茶色でしたが、飲食店にリニューアルするということで外壁は明るいオレンジ色に塗り替えられていました。
以前の外壁を撮影した写真と、現在の塗装塗り替えをして改装した状態を比べると、同じ建物とは思えないくらい違った様相になっていました。
外壁が職人さんが刷毛を使用して手塗りで行っており、細部にはデザインも施してあったので、まさに芸術的な仕事になっていました。
内装も限られた空間を広く見せるために、職人さんが塗料によって視覚を錯覚させるようにデザインを描いていました。
リニューアルするためにはかなり大がかりな工事が必要でしたが、建て替えるよりは費用も工期も安く済むので、環境に優しいといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。