トイレが水浸しに・・・何がいけなかったのか?

   2017/11/14

トイレに入ったらトイレが水浸しになって、パニックになった経験がある人もいることでしょう。
特に夜中だと業者もすぐに呼べないので途方にくれてしまう人もいます。
トイレが水浸しになっている場合はトイレの水漏れが原因なことが多いですが、原因を探すよりも先に水道の元栓を閉めることが大事です。
水道の元栓がどこにあるのかわからないという人もいますが、日ごろからしっかり水道の元栓の場所と閉め方を確認しておくと安心です。

トイレの水漏れの原因

トイレの水漏れは急いで対応をしないと、階下へ水が染み出すなどの大きなトラブルになるので、急いで対応することが大事です。
トイレの水漏れの原因はやはり経年劣化の原因が多いです。
長い期間トイレを使用していると、パッキンやナットなどの劣化やゆるみが原因になることが多いです。
ゆるみが原因ならばしっかり閉め直せば改善できますが、部品の交換が必要になる場合で気をつけることは、古い部品になるとすでに製造していないケースもあります。
部品は一般の人でも自分で交換できますが、かえって故障がひどくなるケースもあるので、専門の業者にトイレ修理を依頼すると安心です。
トイレのタンクが原因で水漏れを起こすこともあります。
タンクの内部が劣化してヒビ割れていたり。
位置がずれているケースもあります。
温水洗浄便座からの水漏れの場合もありますが、まめに掃除をして定期的に点検するといいでしょう。
便器にヒビが入っていることが原因なこともあるので、日ごろからしっかりチックするといいですが、原因がわかったらできるだけ早めにトイレ修理専門業者に連絡することが大事です。

気になるサイト
トイレの水漏れ・つまりなど自分で解決できないケースに
トイレ修理や水漏れ・つまり除去などのトラブルに専門スタッフがかけつけます

普段のトイレ掃除で気を付ける事

トイレは毎日何回も使うものですから、いつも綺麗にしておきたいと考える人も多いです。
トイレ掃除をすると気分が良くなりストレス解消にもなります。
トイレ掃除で気をつけたいことは、汚れがなかなか落ちないからと、力を入れてゴシゴシ洗いすぎないことです。
なぜならあまり強くこすぎ過ぎると便器に傷かついてしまい、その部分に汚れが引っ掛かりやすくなってしまいます。
頑固な汚れは力を入れて擦らずに酸性洗剤を使うといいでしょう。
酸性洗剤の代わりにお酢やクエン酸を使っても効果的です。
トイレの便器にはどうしてもカビが発生しやすくなります。
お風呂なら擦って水で流すこともできますが、トイレの便座だと水を流すことができないので困ってしまいます。
雑巾でカビを拭き取る人もいますが、かえって湿気を与えるのでカビが繁殖してしまいます、なので水拭きはしないでカビ取りスプレーや消毒用アルコールを使用しましょう。
トイレ用の洗剤はいろんな種類があるので、用途に応じて使い分けることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。