最近多い町工場のお話を聞きました

 

町工場というと金型の工場や貴金属加工工場など、食品というより鉄などの金属を加工している会社や工場が多いといったイメージを持っている方もいらっしゃるでしょう。
実際金属関係の工場が多いのは事実なのですが、あまり知られていないだけで自動車関係の工場も少なからず存在しています。
たとえば精密板金を引き受けている板金工場も町工場には多いと言うことを、つい最近町工場にお勤めという社長さんに聞いたので間違いありません。

某有名小説がきっかけなのかな

景気が良くなると物価が高くなる代わりにお給料が増えるので、町工場に勤めている方からすると少しお金の出が多くなったところで十分カバーできるだけのお給料が、今すでに貰えているとも聞きました。
ここまで町工場の工場が盛り上がっている裏に何があるのだろうと想像してみたら、そういえば某有名小説がベストセラーになってから板金加工がすごく注目されるようになったことを思い出し、話題のきっかけになったのではないかと勝手に考えています。
もしそうならインターネットで情報を集めることが多くなった今の時代でも、まだまだメディアや小説などの影響力は強いと言えるのでしょう。何年か前に某有名小説が原作となっているドラマも大ヒットしていたので、町工場からしたら今が頑張り時なのかもしれません。
ただ町工場の社長さんに言わせるなら、小説やドラマで注目される前から俺達は頑張っているとのことでした。職人の意地や頑固さが見えた言葉だったので印象深く残っています。

板金加工の工場も意外に多いらしい

板金加工などあまり儲からないのではないかといったイメージを持たれている方も少なくないでしょうが、社員数100人以下の板金工場であってもかなりの利益を上げているところも実は多く、日本の景気が昔より上向いていることからこれから益々利益が増えそうだと教えてもらいました。
板金加工は自動車がどんどん生産されている限り下火になることが少ない仕事で、最近では日本の高度な板金加工技術を学びに来る中東の外国人さんもいるようです。
自動車というとアメリカやドイツの車が海外では有名なのではないかと勝手にイメージしていましたが、日本製の自動車は故障しない上に砂地や雪道でもしっかり走ってくれるので、海外でも大人気となっているのです。
日本車が世界で売れている限り板金加工の仕事はなくならない、これが町工場に板金加工の工場も意外に多い理由だと調べてみたら判明しました。これからも板金加工は少しずつ増えていくのではないかとも予想されているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。